代行のメール送信の特徴

100万通以上のメールを一斉送信することが可能

業者が代行してメール配信するサービスの特徴としてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、一番の特徴といっていいのが、送信数の上限の多さでしょう。業者によっては100万通以上、同時に送れるサーバーを有しているところもあります。個人がメールを送る場合、プロバイダのサーバー、フリーメールのサーバーなど、外部サービスのサーバーを通して送ることになり、一度に送れるメールの数が規制されていることがほとんどなので、100万通も一斉に送信することはまず無理です。
次に、きめ細やかなチェック体制が挙げられます。具体的には複数のメーラーを利用して、メールの表示を確認するといったことが行われます。このため、HTMLメールを送信した場合、受信ソフトによっては表示が崩れるといったことを未然に防ぐことが可能です。

用意したメールの文面についてアドバイスをもらえる

コンサルティングを行ってくれることもあるというのも大きな特徴でしょう。集客を目的として顧客にメールを送る場合、内容によっては裏目に出てしまうこともあり得ます。たとえば、クーポンなど、お得なメールを期待している客に対して、ショップ運営者の日記だけが書かれているようなメールマガジンを送っても、まず読まれませんし、メルマガ解約者が相次ぐことになるでしょう。コンサルを依頼すれば、メールの文面が適切かどうか判断してもらえますし、契約によっては文面もすべて書いてもらうことも可能です。
ステップメールに対応していることが多いのも特徴です。ステップメールとは、ユーザー登録したり、商品を購入したりしたユーザーに対し、一定期間、決められたタイミングでメールを送っていくというシステムで、ユーザーの興味をより引きつけることを目的としています。

メール配信のサービスには、対象を絞ったメール配信、メール配信の予約、メール内の文字の色の変更などのさまざまな機能があり、わからないときは専門のスタッフに相談もできます。